婦人

目指せ小顔!エラ削りでフェイスラインをシャープにしよう

カウンセリングと手術

頬を触るレディー

カウセリングの流れ

美容外科でエラ削りの美容整形をする場合は、最初に必ずカウンセリングを受けます。カウンセリングでは、手術の方法や手術前後の注意点について医師が説明をしてくれます。しっかり聞いて、100%納得した上で手術に踏み切ることが大切です。エラ削りの美容整形手術の費用は100万円前後するのが一般的です。それに加えて事前検査費用5万円、全身麻酔の費用10万円、他院修正の場合は修正費用10万円程度かかる場合があります。カウンセリングを受ける際には、手術にかかるトータルの費用を細かく確認しておくことも重要になってきます。手術費用は前払いが基本です。支払い方法は振り込みやクレジットなどがあります。クリニックにもよりますが、全額前払いの場合もあれば、予約金として半額〜8割程度前払いして残金は手術当日に現金で支払う場合があります。院内ローンを申し込む場合は、事前審査が必要になります。カウセリングをした日に審査を申し込んで、審査にパスしたのを確認してから手術の日取りを決めます。

手術と手術後の経過

確実に小顔になれる美容整形がエラ削りです。輪郭を形づくっているエラの骨そのものを削るので、フェイスラインがシャープになってすっきりします。そしてその小顔効果は死ぬまで持続します。エラ削りはプチ整形のような簡単な手術ではなく、本格的な美容外科手術になります。ただし、口腔内を切開して口の中からアプローチするので、手術をした跡が見た目ではまったく分からないというメリットがあります。手術をする前にあらかじめ全身麻酔をします。手術時間はだいたい60分ほどです。今は麻酔の技術が進化しているので、全身麻酔の手術でも当日のうちに日帰りが可能です。手術から7日後に抜糸をして、その後1ヵ月や3ヵ月おきに経過観察があります。エラを削ってしばらくは腫れが出ておたふくのような状態になります。完全に腫れが引くまで、約2ヵ月〜3ヵ月はかかるのが一般的です。腫れがすっかりなくなり、患部の肉づきが安定してフェイスラインが自然に落ち着くまでには6か月ほど待つ必要があります。

フェイス

効果的な整形

顔にあるエラを削ることで、小顔効果をもたらし美しい顔のラインを手に入れることが出来ます。エラ削りは、整形外科で行うことが出来ます。手術は2時間程度で、術後は医師の説明を良く効き安静にするようにしましょう。エラ削りをすることで、コンプレックスを解消させ簡単に美しさを手に入れることが出来ます。

注射器

新しい方法

エラ削りには従来からあるものと新しいものの2つあります。従来タイプは口から切開して骨や筋肉を直接的に削る整形を意味します。一方、新しいタイプは注入系治療の1種であり、ボトックス・ボツリヌストキシンを注入して張っているエラの筋肉を収縮させて同様の効果を発揮します。

ビキニの女性

小顔を叶える

エラ削り手術は、小顔整形手術の中では効果的な方法としてよく行われる手術のようです。下顎角の広がりが輪郭を大きく見せてしまっているので、エラ削りによって輪郭もスッキリとします。口の中を切開するので外側に傷も目立たずに、理想の小顔を目指せるようです。

美容整形

エラを削る

エラの骨が大きいと、顔が大きく見えます。しかしエラ削りや骨を切り取る整形手術を受ければ、小顔に見えるようになります。いずれも口腔内でおこなわれるので、顔の表面には傷跡が残りません。ただし体の負担が大きめで入院も必要となるので、筋肉の盛り上がりを抑えて小顔にするボトックス注射を選択する人も多くいます。

鏡を見る人

輪郭の手術で小顔効果

エラは輪郭を形成する上で非常に重要なパーツであり、エラは顔の大きさや印象に影響するので、エラが張っている事にコンプレックスがある人も多いかもしれません。輪郭整形のエラ削りであればリスクはあるものの、プチ整形では得られない小顔効果が望めますし、傷跡も残らず周囲の人にバレずにエラ削りをする事が可能です。