女の人

目指せ小顔!エラ削りでフェイスラインをシャープにしよう

効果的な整形

フェイス

印象を変えるエラ

輪郭を作るのに必要なのが顔のエラです。エラの有無によって、顔全体の印象が大きく変わります。例えば、下あごの部分が大きい場合は特にエラが張っているように見え、顔が大きく見えてしまいます。また横に広がっている場合も、顔が大きく見えるだけでなく、首も太く見えてしまうというデメリットがあります。女性は特に、エラにコンプレックスを抱えている人が多く、エラさえなくなれば小顔に見えるのにと悩んでいる人も少なくありません。そのような人におすすめなのが、エラ削りという整形方法です。エラ削りとは、その名の通り人工的にエラをなくすための方法で、美容整形外科で治療を受けることが出来ます。整形手術は全身麻酔で行う場合が多く、医師との入念なカウンセリングのもと、レントゲンを撮りそれを見ながら、どの部分をどれだけ削るかを細かく決めていきます。最近では、3Dの模型などを使ったCGで仕上がり具合をチェックすることが出来るため、完成したときの想像が付きやすく、失敗することもなくなってきました。

エラ削りはまず、口の中からメスを入れて切開し、削る部分を決めていきます。口の中なので、傷跡が肌に残って目立つということも無いので、安心して施術を受けることが出来ます。時間は個人にもよりますがおよそ2時間程度で終了します。術後は1〜2回程度通院して様子を見、問題がなければ包帯がはずれ、晴れて美しい顔のラインを完全に手に入れることが出来ます。術後の腫れやダウンタイムは人によって様々ですが、最低でも2週間程度は安静にしておく必要があります。医師の説明を良く効き、触ったり強い刺激を与えないように注意しましょう。食事についても、あまり口を大きく開けてはいけないと言われる場合が多いので、なるべく刺激のあるものや大きな口を開けなければ食べられないものなどは避けるようにしましょう。エラ削りの整形手術を行うことで、理想の美しい顔のラインを手に入れることが出来、自分に自身を持つことが出来ます。顔のラインにコンプレックスを持っている人は、ぜひ一度試してみてほしい美容方法です。