女の人

目指せ小顔!エラ削りでフェイスラインをシャープにしよう

輪郭の手術で小顔効果

鏡を見る人

人気の輪郭手術

輪郭を形成する上で重要なパーツとなっているエラですが、エラにあたる下顎角が張っている状態ですと、どうしても輪郭が角張った状態に見えてしまいます。そのためフェイスラインの綺麗な人と比べて、愛らしさが欠ける顔立ちになってしまうところはあります。そのため、エラが張っている状態を改善して優しい顔立ちに形成できる輪郭整形のエラ削りが人気です。エラ削りの人気のポイントは繰り返し施術を受ける必要がなく半永久的に効果が持続する事です。エラの張りが骨が原因ではなく筋肉が発達している事による場合はボトックス注射を受けるのが最適だと言われています。ただボトックス注射ですと半年から1年程度で効果が消えてしまうので、効果を持続させたい場合は定期的に施術を受ける必要があり、半永久的な効果は期待できません。また、輪郭整形のエラ削りはボトックス注射では難しいレベルの小顔効果が望める事から、芸能人や有名人にもエラ削りの施術を受ける人が多く、こういった事も人気の理由につながっているようです。さらに、口内法のエラ削りは口腔内から骨を削る整形手術になるので、傷跡が残らないというのも人気のポイントです。

手術を受けるリスク

輪郭整形の中でも人気の高いエラ削りの手術ですが、手術を受けた後に「自分がもともとこんなに小顔だった事に気付かなかった」という人もいるくらいですから、その小顔効果やフェイスラインをシャープにする効果は大きなメリットと言えます。ただ、エラ削りは全身麻酔を行い手術が終わるまで2時間近くかかる大がかりな手術となります。麻酔の効果で痛みは感じないものの、数日間の入院が必要になりますし、体への負担もあるのでプチ整形のような気軽に受けられる手術ではありません。エラ削りを受けるリスクとして腫れ・痛み・内出血によるダウンタイムの長期化、場合によっては気道周辺が腫れる事により呼吸がしにくくなるケースなどもあります。エラ削りを受ける場合はこういったリスクを承知した上で受けなければならない事を把握しておく必要があります。しかし、2時間程度の手術で長年コンプレックスだったエラの張りを半永久的に解消できる方法ですし、数週間はダウンタイムが残るものの、傷跡が残らないので周囲の人にバレずに手術を受ける事も可能です。ただ、エラ削りを担当する医師の技術が未熟な場合、皮膚のたるみやしびれ・麻痺などが起こる事もあるので、料金の安さに惑わされず実績があり信頼のできる医師が在籍するクリニックで手術を受けるようにしましょう。